教育方針

個々の幼児の可能性の芽生えを大切に守り育てること

人間の一生を左右する性格の基礎は、幼児期に形成されるといわれております。
このことから、本園では、幼児の望ましい性格の形成をめざし、個々の幼児の可能性の芽生えを大切に守り育てることをその教育方針としています。また、文部科学省幼稚園教育要領を適切に活用し、心身ともに調和の取れた成長発達を促進するよう努め、時流やマスコミに左右されたり、あるいはおもねるような偏った教育は行いません。
幼児の教育に大切な教職員・施設設備等環境の整備に力を入れ、常に幼児の姿を正しく見つめ、各々の幼児に最も適した指導のあり方を探求し、実践するよう努めております。

園長 秋元 久美江

イメージ

教育目標

健全な心身を養う
園の日常生活を通して、健康や安全の基本的生活習慣を自立させる。
また、年齢に適した運動や作業をさせ、身体の諸機能の調和的発達をはかり、明るくのびのびとした心情を養い心身ともに健全な子供に育てる。

社会性を養う
集団生活の中で多くの友達と協調しながら遊び、協力の精神や自主性を養う。また、自分と同様に相手のことを考えて行動できるような思いやりのある、民主的な考えや行動の芽生えを養う。

創造性を養う
音楽リズム、絵画制作、視聴覚教材を通し、芸術的な作品に親しみを持たせ、鑑賞することや、表現することへの興味や関心を高め、感性豊かな心情を養う。
また、多様な経験を通して、将来、さまざまな事柄に遭遇したときに、適切な判断と独創的で柔軟性のある対応が出来るような、芽生えを育成する。

自然に親しむ
身近な動植物の成長に興味や関心を持ち、四季の変化や自然の事象に美しさや、親しみを感じ、動植物の愛護および自然に対する感受性、探究心の芽生えを育成するとともに科学的知識や技能の基礎を身に付ける。

イメージ

QRコード